海外旅行の注意点

海外への旅行はまた気合が入ります。
パスポートが登場しますので、実感が湧きやすく、特別な行事の感覚が味わえます。
言葉も少しは勉強して行かないと困ることがありますし、体調も管理をしておかないと大変です。

しかし、体験出来ることはさすがに海外で、特別なことばかりになります。
文化も違えば食べ物も違い、言葉も宗教も違います。
空気も違いますので、貴重な体験が出来ます。
一生の思い出になることばかりが訪れることでしょう。
反面、犯罪も本格的であったりするので、注意が必要です。

バッグの持ち方ひとつをとっても日本は治安が良いということを忘れずに、行動することが必要です。
ひったくりやスリ、強盗までもが頻繁に起こります。
わるくすると拉致や誘拐まであるので、よほど注意しないとなりません。
交通機関の利用も緊張しますので、予習をして行くと良いです。
ちょっと人にものを尋ねるのも外国語ですので、予習がものを言うことになります。

また、短い旅でも胃腸の疲れは出るものです。
いかに普段和食を食べていたのかを実感することでしょう。
味付けや量も国によって違うので調べて行かないと、ものすごい量になってしまったりします。
慣れない調味料で醤油が恋しくなったりもします。
ここでは逆の発想で、食文化の違いを楽しんでしまうと良いです。

旅行の楽しみ

旅行は現実から離れて束の間ゆっくりと過ごせる素敵な時間です。
心身疲れている場合は、温泉に行くと良いですし、レジャーを楽しみたい場合は、海や山へ行って思い切り身体を動かすメニューを組めば良いです。

また、海外になると、歴史建造物の鑑賞や、買い物、大自然の鑑賞なども可能です。
国内でもそれは可能ですが、目的は多くが温泉であったりします。
温泉ですと旅館が主流で、浴衣で過ごしていると、「あー旅行に来たな」という実感に浸れます。
そして料理も楽しみですので、和風料理のコースなどで堪能します。
地域によっては刺身であったり肉であったり、野菜であったり地元の食材をたくさん使って宿自慢の料理が出てきます。
夕食が終われば、備え付けの卓球をしたり、温泉にまた入ったり、カラオケをしたり、日本人独特の楽しみ方をします。

もちろんお酒も入っていることが多いです。
ホテルに宿泊する場合は少し変わり、浴衣はタブーになりますので、きちんとした服装で過ごします。
ホテル職員も上品で、落ち着いた雰囲気で過ごせます。
食事は様々ですが、レストランで食べることが多いです。
バーもありますし、ルームサービスでお酒などを楽しむことも出来ます。
ペンションですと、オーナー自慢の地元食材での創作料理などが出てきます。

家庭的な雰囲気で他の宿泊客とも打ち解けたりして独特の雰囲気に包まれます。
このように、色々な目的別に、色々なプランがあり、それぞれの楽しみ方があります。